Nintendo SwitchのJoy-Conスティックが勝手に動く!!対処法と修理依頼の仕方について

お役立ちガイド
スポンサーリンク

SwitchのJoy-Conアナログスティックでは誤作動が多く、ドリフトしてしまうという報告が多々あるそうです。

ここではJoy-Conのアナログスティックが勝手に動くなど、誤作動が起きた時の対処法と修理依頼についてご紹介していきます。

Joy-Conの対処法

Joy-Conの対処法には本体とJoy-Conの更新・リセット・補正があります。
まず最初に試すのが本体の更新になります。

本体の更新

Swichをインターネットに接続している状態のままでいると、通常自動で本体の更新がされますが、Joy-Conの誤作動があった場合はまず手動で本体が最新バージョンになっているかを確認します。

手順

本体をインターネットに接続し、HOMEメニューを開き、設定を選択しクリックします。

設定画面の左側を下にスクロールし本体を選択し、画面右側上部に表示される本体の更新があるので、選択します

画面に本体の更新の準備を始めます。と表示され、更新が始まります。

更新の必要がない(最新バージョン)場合は、「本体のバージョンは最新です。」と表示されます。

Joy-Conのリセット

本体の更新をしても改善されない場合は、コントローラーをリセットします。

手順

不具合が起きているコントローラーのシンクロボタンを短く押します。

一時的な問題の場合は、何度か短くシンクロボタンを押すことで改善される可能性があるそうです。

シンクロボタンを短く押すと、いったん本体と接続が切れますが、ABXYボタンを押すと再度接続されます。

Joy-Conの更新

本体の更新・Joy-Conのリセットを試してみても改善されない場合は、Joy-Conの更新を行います。

手順

HOMEメニューを開き設定を選択しクリック

設定画面の左側を下にスクロールし、コントローラーとセンサーを選択し、画面右側を下にスクロールするとコントローラーの更新があるので選択します。

更新の必要がない(最新)の場合はコントローラーは最新です。と表示されます。

Joy-Conの補正

本体の更新・Joy-Conのリセットと更新を試してみても改善されない場合は、Joy-Conの補正を行います。

手順

HOMEメニューの設定を選択しクリックします。

設定画面の左側を下にスクロールしコントローラーとセンサーを選択し、設定画面右側を下にスクロールしスティックの補正を選択します。

補正したい(誤作動が起きている)スティックを押し込みます。

補正するときは本体と接続してから行ってください。

画面の指示に従いスティックの反応を確認します。

動作に異常がある場合はXボタンを押して補正します。

画面の指補正の必要がない場合はBボタンのもどるを選択してください。

画面の指示に従い、スティックを三角マークが表示される方向に動かします。

三角マークの色が青色になったらスティックから手を放します。
これを右・下・左・上と繰り返し行います。

四方向の補正が完了すると次の画面に移ります。

スティックを外側に大きく回しながら動かします。
2,3周すると補正が完了します。

補正が完了すると補正が完了しました。と表示されるのでOKを選択し終了します。

手順通り補正ができなかった場合や上手く補正できなかった場合は、一度初期設定にもどしてから再度補正を始めてください。

本体更新・Joy-Conのリセットと更新、補正を行っても改善されない場合はスティックの故障が考えられるので、修理依頼を行います。

 

Kiki'
Kiki’

Kiki’の場合・・・

購入後2カ月ほどでJoy-Con左スティックが勝手に動いたり、思うように動かなかったりする誤作動が始まりました。手順に従って本体の更新、Joy-Conのリセット・更新をしてみましたが、症状が変わらずスティックの補正をしました。
最初の頃は補正で改善し、誤作動が生じるたびに補正をして使用していましたが、補正しても数日で誤作動を起こし、何度補正を試してみても改善されなくなりました。
補正画面では、マークが+ではなく●に表示され、マークが円の中央になく、ステックを触っていないのに、●マークがぶれていたり勝手に動いていました。スティックを回しても円を沿うことができない状態だったので修理に出すことにしました。

Joy-Conの修理依頼

Joy-Conの修理依頼は購入店を通して行う方法と、任天堂のオンライン修理受付から直接修理依頼をする方法があります。

購入店での修理依頼の場合

必要なもの

保証書

購入時のレシート

保証期間内の場合は必ず保証書と購入店と購入日分かるレシートなどが必要になります。

持ち物

故障しているJoy-Con

保証書

購入時のレシート(保証書に購入店印と購入日が記載されていない場合)

上記を持って購入店へ行き、修理の依頼をします。

少しでも早く修理したいという方はNintendoオンラインからの修理依頼がおすすめです

Nintendoオンラインにて修理依頼をする場合

Nintendoホームページ内にあるオンライン修理受付から修理の依頼をします。

Nintendoのホームページから修理の依頼

オンライン修理受付(公式URLhttps://secure2.nintendo.co.jp/cgi-bin/repair/start.cgi)にてメールアドレスの登録をします。

メールアドレスを持っていない場合はオンラインでの修理依頼がでないので、修理依頼書をダウンロードしてください。
修理依頼書ダウンロードURL https://www.nintendo.co.jp/support/repair/order_form.pdf

任天堂サービスセンターから登録したメールアドレス宛にメールが届きます。

メールに添付されているURLをクリックします。

オンライン修理依頼書に必要事項を記入し依頼します。

記載内容

名前

電話番号

返却先住所

見積連絡について

送付品名

故障状況

故障状況はなるべく詳しく記入してください。

オンラインでの修理依頼が完了すると修理お申込番号が発行されます。

この時、画面内に修理依頼品をプリントアウトという表示があるので、クリックして印刷します。

オンラインにて修理の受付が完了すると任天堂オンライン修理システムから修理お申し込みを受け付けました。というメールが届きます。

自宅にプリンターがない場合やスマートフォンなどで依頼した場合は、修理お申込番号と電話番号(修理依頼書に記入した番号)をメモに記入するか、修理受付後に送られてくる修理お申し込みを受け付けました。メールをプリントし同梱すれば大丈夫です。

Joy-Conを発送する準備

保証書(保証書部分をコピーまたは保証書の写真を撮りプリントしたもの)

修理するJoy-Con

修理依頼票(印刷できない場合は「修理お申込番号と電話番号(修理依頼書に記入した番号)」をメモ)

段ボール

緩衝材

を準備します。

Nintendo Swichの梱包方法はサイトに詳しく載っているのでご参照ください。
Nintendo Switchの梱包方法|サポート情報|Nintendo
Nintendo Switchの梱包方法についてご案内します。

 

Kiki'
Kiki’

Kiki’の場合・・・

Joy-Conが入る小さい段ボールを準備しました。
ジョイコンをプチプチで梱包し、Joy-Conが中で動かないように段ボールの下底に固定し、空間をなくすために緩衝材を詰めました。
写真を撮ってプリントした保証書と、Nintendoオンラインショップで購入した際の領収書メールをプリントしたもの、修理受付後のメールを印刷したものを同梱し着払いで発送しました。

修理するJoy-Conの発送

保証期間内の場合はクロネコヤマト日本郵便にて着払いで発送します。

保証期間外や保証書がない場合は発送元支払いになり、発送料を自己負担することになります。

サービスセンターに修理品が到着・受付・見積り・修理

修理依頼書で見積額の設定を超えた場合は、サービスセンターから連絡があります。

連絡が入った場合は修理の有無を伝え、修理する場合はその後修理へと進みます。

修理依頼票にて見積り連絡を不要または設定した見積額を超えない場合は、見積連絡はなくすぐに修理に入ります。

 

発送・到着

修理が終わると修理品が発送されます。
発送料は保証期間外の場合でもかかりません。
修理代金が発生する場合は、代金引換便での引き渡しになります。

支払いは現金のみで、クレジットカードや電子マネーなどは利用できないので気を付けてください。

修理期間

10~14日程度

通常修理品発送から到着まで10~14日程度ですが、混雑状況などで変動します。修理期間目安はNintendoホームページに記載があるのでご確認ください。

Nintendoホームページ内修理品返却予定日URL
https://www.nintendo.co.jp/support/information/
Kiki'
Kiki’

Kiki’の場合・・・

発送から修理品の受付メールが届くのに1週間、修理品の受付メールから出荷メールまでが5日間、出荷メールの翌日に修理品が到着し、発送から到着まで13日間でした。

Joy-Conの修理費用目安

1本0~2,200円(税込)

保証期間内であっても使用状態によって有償修理(有料)となることがあります。
任天堂のオンライン修理受付を利用すると、修理代金が5%割引になる他、メールで修理状況が分かったり、事前に必要な情報が登録されるので、修理品到着後の受付対応が早くなります。

 

Kiki'
Kiki’

Kiki’の場合・・・

購入後約3か月後に修理依頼に出したのですが、無償でした。
Joy-Conの状態は傷もなくきれいな状態です。
保証期間内であっても有償になった方もいます。その方はJoy-Conに傷があったため無料にならず、修理費用は2,200円の5%OFFで2,090だったそうです。

Joy-Conスティックの自己補修

Joy-Conスティックは自己補修キッドが販売されています。
おすすめはしませんが、自己責任で自分で修理することも可能です。

自己補修した場合は、保証期間内であっても保証対象外になるのでご注意ください。

修理キットの価格

1,000~2,000円程度

保証期間内であれば例え有償になったとしてもメーカー修理がおすすめです。

比較的簡単に自己補修できるとも聞きますが、メーカー修理であれば3か月の保証がつきますし、部品の信用性もあります。

Joy-Con自体安いものではないので、買い替えることを考えたら保証期間外なので試しに自分でという方は、自己責任で行うようにしてください。