公立小学校の学費って年間いくらかかるの?意外とかかるって本当?

子育て
スポンサーリンク

公立小学校の学費

公立小学校は授業料が無償です。
授業料は無償ですが、授業料以外に必要なお金がどのくらいなのかって気になりますよね。
ここでは、授業料の他に必要になるお金についてご紹介していきます。

 

公立小学校の学費は?

年間約10万円

公立小学校は授業料が無償ですが、授業料の他に教材費や給食費、課外活動費などが必要になります。
教材費などを含めた学費は年間約10万円と言われています。
学費は学年によって必要になるものが異なり、6年間で掛かる学費は約62万円になるそうです。

その他、習い事や学童などを含めると年間平均32万円、6年間で平均192万円と言われています。
ちなみに私立小学校の学費は、学校によって金額に幅はありますが年間約100~200万円と言われているので、公立小学校は私立小学校の1/10~1/20程度の学費ということになります。

 

 

Kiki'
Kiki’

Kiki’の場合・・・

小学校1年生の頃の学費(学校に支払う費用)は6万円程度でした。

Kiki’の子どもたちの学校では、一括購入する学用品が少ないので、学費自体は10万円以内で収まっています。

実際は、入学準備品や学用品など揃えなければいけないものが多く、それ以上にかかりました。

学年ごとに必要になるものが異なりますが、学費としては年間約6~9万円でした。

 

 

Kiki’が実際に学校に支払った学費

項目 年間額
年間教材費 7,000~9,000円
給食費 43,000~48,000円
放課後子ども教室 800円
一括購入学用品 2,000~8,000円
課外活動費 6,000~20,000円
PTA活動費 2,000円
合計 60,800~87,800円

年間教材費

各教科で使用する副教材で、ドリルや楽譜などの教材になります。

一括購入学用品

お道具箱や鍵盤ハーモニカ、書道セットなど学校で一括購入するものになります。

課外活動費

遠足や社会科見学、修学旅行(林間学校など)になります。

 

Kiki'
Kiki’

Kiki’の子どもたちの学校では、ほとんどの物は各自揃えてもOKだったので、学校に支払う金額は少ないと思います。
学校によって一括購入品の内容が異なるので、一括購入品が多ければ学校に支払う金額も多くなります。
課外活動費は、行先によって金額が異なります。
学年が上がるごとに教材費や給食費は上がっていきました。

 

学費以外に掛かるものって何?

学年によって必要な物が異なります。

1年生では、入学時にランドセル・上履き・上履き袋・体操着・体操着袋・赤白帽・プールセット・手提げ袋・学用品・文房具類・防災頭巾・防災頭巾カバー・鍵盤ハーモニカ・画材セット・水筒・お弁当箱セット・遠足用リュック・レインコート・折り畳み傘・長靴など揃える物がたくさんあります。

3年生ではリコーダーと習字ゼット、4年生で彫刻刀セット、5年生ではエプロンと三角巾・裁縫セットなどが必要になります。

 

その他、生活や図工などの授業で必要な物、サイズアウトした上履きや体操服・水着、学童の利用や塾・習い事なども別途掛かります。

 

Kiki’が学費以外に実際にかかった金額

  品目 金額
1年生 入学準備品、学用品、文房具、服飾費習い事など 約150,000円
2年生 学用品、文房具、服飾費、習い事など 約110,000円
3年生 学用品、文房具、服飾費、習い事など 約110,000円
4年生 学用品、文房具、服飾費、習い事など 約110,000円
5年生 学用品、文房具、服飾費、習い事など 約110,000円
6年生 学用品、文房具、服飾費、習い事など 約150,000円

1年生で必要なランドセルは、おじいちゃんおばあちゃんが買ってくれたので金額には含めていません。

Kiki'
Kiki’

Kiki’の場合・・・

公立の小学校は私服なので、学費以外に服飾費が結構かかりました。
小学生になりお古をもらう機会がなくなってしまったので、ほぼ毎年季節ごとに服を買っていましたし、靴も毎年2足ずつ購入していました。
セールなどを利用して安く買うようにしていましたが、それでも年間一人50,000円位使っていたと思います。
学費以外にいろいろとお金がかかるので、学費と合わせると年間21~25万くらいはかかっていました。
Kiki’の子どもたちは習い事が少ないのでこの位ですが、塾や習い事の数だけかかる金額は増えます。Kiki’のお友だちは4つ習い事をさせている子もいるので、年間にかかるお金は30万以上なんじゃないかなと思います。
授業料が無償でも、なんだかんだとお金が掛かるもんですよね。

 

 

就学援助制度があるのをご存じですか?

小中学生のいる低所得世帯を対象に、学費援助制度があります。
世帯年収や世帯数によって基準が設けてあり、対象者は申請すると援助を受けることができます。

各自治体により対象基準額は異なりますが、年間所得約150~300万(世帯数により異なります)程度の方が対象となっています。

 

援助項目と年間金額

援助項目 年額(目安)
入学準備金 40,000~60,000円
学用品費 10,000~30,000円
給食費 実際掛かる費用
通学費 19,000~38,000円
医療費 別途申請が必要
移動教室や修学旅行 実際掛かる費用
修学旅行準備金 3,000~6,000円
卒業アルバム費 実際に掛かる費用
自治体により援助項目や金額が異なり、学年別に援助金額が設定されていますので、詳しくはお住いの自治体へご確認ください。

 

申し込み方法

春頃学校で配布される申込書に必要事項と必要書類を添えて提出します。

私立学校や他区・他市の公立学校に通学されている方は、お住いの自治体へご確認ください。

 

 

Kiki'
Kiki’

入学後の保護者会の時の資料の中に就学援助制度がありました。

必要事項を記入して必要書類を添えて学校または自治体へ提出し、審査を受けて対象者になるとこの制度を利用できます。

対象かどうか判断が難しい方は、一度申請だけ出してみるといいと思います。対象者ではなかった場合でも、審査後に可否の通知が届きます。