こどもにGPS見守りサービスって必要?どれを選んだらいい?サービスの内容と価格、選ぶポイントなどについて

子育て
スポンサーリンク

GPS見守りサービス

こどもからお年寄りの安全対策として利用できるGPS見守りサービス。耳にしたことはあるけど、実際どいうものなのか?こどもに持たせた方がいいのか?悩んでいる方も多いと思います。

ここでは見守りサービスの内容と価格、おすすめGPS見守りサービスについてご紹介していきます。

見守りサービスの主な内容

位置情報

GPSなどを使用し、専用アプリから現在地の情報が分かります。

行動履歴

子どもが通った道や寄った場所などを記録し、専用アプリで確認することができます。

通知サービス

通知して欲しい場所を登録すると、登録した場所に到着した時に通知が届きます。専用アプリを開かなくても画面で確認ができます。

その他、独自機能としてメッセージのやり取りができるサービスや緊急時駆けつけてくれるサービスなどもあります。

選ぶポイント

位置情報の精度
通知機能
緊急機能
メッセージ機能
価格

見守りサービスを提供している会社によって搭載されている機能が違います。子どもに持たせたときに何を重視するかが選ぶポイントになります。

価格

本体5,280円(税込)~
月額料金528(税込)~

その他、本体はレンタルで加入料が必要だったり、契約なしの本体価格のみで利用できるサービスもあります。

別途送料や契約事務手数料、初期費用がかかる場合があります。

見守りサービスのメリット

登下校の見守りができる

見守りサービスの最大のメリットは、登下校の見守りができることだと思います。
携帯やスマートフォンでも位置情報の確認や見守りアプリ、連絡ツールなどがありますが、携帯やスマホは持ち込みを禁止している学校がほとんどです。その点GPS見守りサービスは持ち込み可能な学校が多いので、登下校の見守りができます。

学校によってはGPS見守りサービスの持ち込みを禁止している場合がありますので、通学先の学校までご確認の上ご利用ください。
Kiki'
Kiki’

Kiki’も利用していますが、学校に着いた時や下校時などに通知が届くので、無事着いたんだなーとか今学校出たならこの位に家に着くかなーっていうのが分かるのは、安心材料の一つになっています。

GPS見守りサービスのご紹介

GPS BoT・BoTトーク(ビーサイズ株式会社)

AI機能を搭載したGPS見守りサービスで、人工知能で子どもの行動を学習します。
最短1.5分間隔で居場所をサーチしているので細かい行動ルートとが分かります。
通知スポットを登録すると通知スポットへの到着と出発を自動でお知らせする機能があります。
BOTトークでは録音メッセージのやり取りが可能です。

月額480円(税込528円)
端末4800円(税込5280円)+送料356円

月額480(税込528円)または月額680円(税込748円)
端末4800円(税込5280円)+送料356円

公式URL https://www.bsize.com/bot/

みもり(ドリームエリア株式会社)

子どもの位置情報を1.5分間隔で自動取得、専用アプリでいつでも確認できます。
登下校や危険エリア、活動範囲外、地域の不審者情報エリアに入った時はスマホに通知が届きます。
通知エリアは最大100か所まで登録可能で、2週間分の行動履歴が確認できます。
子どもが本体のボタンを押すとスマホに通知される他、危険エリアでは音声で子どもに危険をお知らせし、アプリで録音した音声を端末へ送ることもできます。
学校モードに設定すれば、設定したエリア内で音声を停止することができます。

月額680円(税込748円)
本体7,800円(税込8,580円)+送料300円

専用ケースがあります。

公式URL https://mimori-ai.jp/

冬の見守り応援キャンペーン実施中!詳しくは下記URLでご確認ください↓↓↓

冬の見守り応援キャンペーン |【公式】子供用GPSの「みもり」
テレビでも取り上げられた人気の子供用GPS「みもり」。公式サイトからご購入の方に専用ケースをプレゼント!さらに期間限定でみもり本体が特別価格!

まもサーチ(BBソフトサービス株式会社)

まもサーチは専門家による監修のもと開発されたGPS見守りサービスです。
位置情報の更新間隔を1~2分・3~4分・OFFから選択して設定することができます。
設定したエリアに到着するとスマホへ通知します。エリア登録件数は最大100件です。
過去90日前までの移動履歴を確認できます。
本体のボタンを子どもが押すと、保護者へ居場所を通知できる機能があります。

月額528円(税込)・年額5,500円(税込)
端末価格5,980円(税込)

専用のソフトカバーがあります。

公式URL https://mamosearch.jp/

まもサーチでは本体無料のキャンペーンを行っています。
現在キャンペーンは終了していますが、毎年キャンペーンを行っている様なのでホームページでご確認ください。
ちなみに前回のキャンペーンは2022年2月と3月でした。

みてねみまもりGPS(株式会社ミクシィ)

AI機能を搭載したGPS見守りサービスです。
業界最高品質の位置精度で、人工知能によりよく行く場所を学習し見守りスポットとして自動で学習します。
登録した場所の出入りを自動で通知します。
普段の行動範囲から外れた時に通知でお知らせする機能もあります。

月額480円(税込528円)
本体4800円(税込5280円)

端末はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングで購入します。

公式URL  https://mitene.us/

goo of things いまここ(NTTレソナント株式会社)

現在地の確認と登録した場所に到着した時の通知の他、指定エリアの自動通知機能があります。
緊急時のボタンが端末に搭載されているので、子どもからのSOS連絡が可能です。
学校や自宅など通知して欲しい場所の他、指定エリアの設定も可能です。
1.5分~3分、3分~5分単位で子どもの行動を記録し、専用アプリで確認することができます。

月額税込638円
本体税込3280円

公式URL https://got.goo.ne.jp/imakoko/

どこにゃん(中部電力ミライズ)

GPSによる見守りサービスになります。
現在地と移動履歴の確認ができ、位置情報取得時間を2分・3分・5分と選択することが可能です。
端末に搭載しているお知らせボタンを押すとアプリにプッシュ通知が届きます。お知らせメッセージは用途に合わせて設定できますが、設定できるメッセージは1つになります。
警察と連携した不審者情報や停電情報、地震情報、防災情報などを、アプリにプッシュ通知で配信します。

月額500円(税込550円)
本体5,800円(税込6,380円)+送料税込400円

公式URL  https://katene.chuden.jp/dokonyan/

FamiliDot らくらくGPS(ソースネクスト)

買ってすぐ使える契約不要のGPSです。
現在地をスマホからいつでも確認できますが、 環境によって座標に数m~100mほどの誤差が生じることもあります。
位置情報取得時に座用が登録されるので、24時間分の行動履歴が確認できます。

月額0円
本体9,900円

公式URL  https://family-dot.com/

ココセコム(SECOM)

GPSを利用した見守りサービスになります。
緊急時にココセコム本体にある通報ボタンを押すと、セコムに通報できます。ココセコムコールに加入すると通報があった時にオペレーターが端末に連絡を入れ通話で状況を確認します。応答がない場合は、自動着信で周囲の状況音を確認します。
保護者と端末との通話はできませんが、インターネットまたはオペレーターへ電話で呼び出しチェックを要請すると端末に連絡が入り、端末を振動させることで応答することができます。

月額1,200円(税込1,320円)
加入料金4,000円(税込4,400円)郵送申し込みの場合+500円
本体はレンタルのみ

別途オペレーター対応料金やかけつけ料金があります。

公式URL  https://www.855756.com/child/

価格や端末、サービスなど変更の可能性がありますので、詳細は各社ホームページにてご確認をお願い致します。

ポイント別おすすめ

精度重視なら

みてねみまもりGPS(株式会社ミクシィ)

細かい行動履歴を確認したいなら

GPS BoT・BoTトーク(ビーサイズ株式会社)

指定エリア(危険エリアや行動範囲など)を設定したいなら

みてねみまもりGPS
goo of things いまここ
みもり

緊急機能が欲しいなら(緊急ボタン)

goo of things いまここ
どこにゃん
みもり
まもサーチ

メッセージのやり取りがしたいなら

BoTトーク

気軽に利用したいなら

FamiliDot らくらくGPS

安全重視なら

ココセコム

人気GPS見守りサービス

GPS BoT
みもり
まもサーチ
みてねみまもり

Kiki‘おすすめGPS見守りサービス

ビーサイズのGPS BoT

欲しい機能が搭載されている万能GPS見守りサービスだと思います。

その他認知度や利用率、満足度、口コミの評価が高いのもGPS BoTになります。(Kiki‘調べ)

現在GPS BoT(第2世代)は完売していますが、BoTトークにはGPSだけのプランとGPSとトーク機能の2つのプランがあります。

 

学校にはスマホを持たせることが出来ないので、登下校中の安全を保護者が見守ることは難しいですが、見守りサービスを利用すれば専用アプリなどでいつでも子どもの居場所を確認できるので安心です。

通知して欲しい場所を登録しておけば、アプリを開かなくても通知から居場所を確認することができます。

見守りサービスは100%危険を回避できるものではないですが、危険が増えている今、子どもにとっても保護者にとっても安心材料の一つになるサービスだと思います。

紹介した見守りサービス以外にもいろいろな会社で見守りサービスを提供しているので、自分に合った見守りサービスを選んで、子どもの安全を守りましょう。

実際にKiki’が利用した見守りサービスについての感想はこちら↓↓↓

otta・BLE見守りサービス(ottaタウンセキュリティ)を実際に使ってみた!!サービス内容・実際に使ってみた感想とその他のGPS見守りサービスのご紹介