妊活に大切な体づくり!!サプリメントの種類・価格・効果

妊活(不妊治療)
スポンサーリンク

妊活(不妊治療)

普段からバランスの取れた食生活を送れている方は必要ないかもしれませんが、自信がない方にはサプリメントを使用して補うことも大切だと思います。

 

サプリメントの種類

サプリメントは様々なメーカーからたくさんの種類が販売されています。
自分の体に入るものなのでこだわって飲用している方も多いと思います。
サプリメントには即効性はないので、継続して飲用することが大切です。
価格もお手頃価格の物から高額なものまでありますが、続けられる価格の物を摂取するといいと思います。
ここでは継続して続けられるお手軽でお手頃価格のサプリメントを紹介いたします。
どれもインターネットやドラッグストアなどで購入できるタイプです。

 

マルチビタミン

毎日バランスの良い食事をとるのは難しいので、手軽に1日に必要なビタミンをバランスよく摂取できるのでおすすめです。

 

 

ディアナチュラ

20日分260円(税抜)

60日分650円(税抜)

 

 

マルチミネラル

食事でとるが意外と難しいミネラル。マルチミネラルは1日に必要なミネラルをバランスよく摂取できるのでおすすめです。

 

 

ネイチャーメイド

50日分980円(税別)

 

葉酸

葉酸は妊娠初期にとても重要なビタミンです。妊娠する3か月まえから摂取が推奨されています。妊娠初期(1~3か月)に葉酸が不足すると胎児の神経管閉鎖障害を引き起こす原因となります。

神経管閉鎖障害とは、先天性の脳や脊髄などの中枢神経系のもと(神経管)が作られる妊娠中に起こる先天性異常です。日本では1万人に約6人の割合でみられるそうです。発症を防ぐ為にも日ごろから葉酸を十分に摂取することが大切となってきます。

 

ディアナチュラ

20日分220円(税抜)

 

ネイチャーメイド

75日分680円(税別)

 

ビタミンD

卵子や精子の形成、着床、妊娠の経過に必要なビタミンです。

ビタミンDが不足すると、女性の場合妊娠率の低下や習慣性流産、妊娠高血圧、合併症、新生児の発達障害などのリスクが高くなるそうです。

男性の場合は精子の運動率が悪くなったり、生殖能力の低下につながるそうです。

男女ともに摂取が望ましいですが、過剰摂取は体調不良や内臓のカルシウム沈着・石灰化の恐れがあるので控えましょう。

 

 

ネイチャーメイド

60日分760円(税別)

 

ビタミンE

女性ホルモンの働きを調整するビタミンです。

抗酸化作用が高いので卵子の老化予防に役立ち、子宮内膜を厚くし着床しやすくする働きがあります。血液の流れを良くしてくれるので、冷え性改善にもいいです。

 

ディアナチュラ

30日470円(税抜)

60日分720円(税抜)

 

 

亜鉛

活性酸素を除去し卵子の老化予防に役立ち、受精卵の細胞分裂を活発にします。男性の精力向上、生殖能力の改善にも役立ちますので、男女ともに摂取が望ましいです。

 

ディアナチュラ

20日分200円(税抜)

60日分500円(税抜)

 

ネイチャーメイド

60日分780円(税別)

 

鉄分

子宮内膜の状態を整えます。鉄分が不足すると黄体ホルモンの分泌の低下につながるそうです。

 

 

 

ピクノジェノール

抗酸化作用が高いので、卵子の老化予防に役立ちます。ビタミンCの活性を高め、ビタミンEの再生を助けます。血流を改善し、血液をさらさらにしてくれます。

 

マカ

アミノ酸やミネラルなどの栄養成分がバランスよく含まれていて、生殖能力を活発にさせることで、ホルモンバランスを整え妊娠しやすい体質へ導いてくれる効果があるそうです。男女ともに摂取するのが望ましいです。

 

ディアナチュラ

20日分1,260円(税抜)

60日分2,980円(税抜)

 

コエンザイムQ10

抗酸化作用が高くミトコンドリアを保護する役割があるそうです。卵巣機能を向上させ、受精卵の正常な減数分裂にミトコンドリアの働きが重要だそうです。男女ともに摂取が望ましいです。

コエンザイムQはドリンクタイプもあります。

 

 

ネイチャーメイド

25日分1,880円(税別)

 

荏胡麻油、DHA(オメガ3)

オメガ3を含む油で、アンチエイジングやダイエットで有名ですよね。オメガ3には女性ホルモンを整える作用があり、血液がさらさらになり血流が良くなることにより卵子や精子の質がよくなるそうです。

えごま油や亜麻仁油はサプリではなくオイルで販売もされています。

どちらが摂取しやすいかは人それぞれなので、使用しやすい方を選ぶといいと思います。

ディアナチュラ

20日分850円(税抜)

60日分2,300円(税抜)

各メーカーでは、一度に数種類含まれた商品もあります。

自分に合ったサプリメントを見つけて継続しての飲用がおすすめです。

 

価格は変更になる場合がありますので、各メーカーのHPや販売店でご確認ください。

各メーカーのホームページはこちらです↓

DHC公式URL https://www.dhc.co.jp/main/main.jsp

ディアナチュラ公式URL https://www.dear-natura.com/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=paid_search

ネイチャーメイド公式URL https://www.otsuka.co.jp/nmd/

Kiki'
Kiki’

Kiki’の場合

Kiki’はマルチビタミン、ミネラル、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、葉酸、ヘム鉄、マカ、ピクノジェノール、コエンザイムQ10を摂取していました。

食事だけで摂取出来たらそれが一番です。

食生活で補えない分をサプリでと、いろいろと摂取していました。

その効果があったかどうかは分かりませんが、体調を崩すことは少なかったので効果はあったと思っています。

 

その他妊活サイトはこちらへ↓

妊活【妊活の進め方・基礎体温のつけ方編】

妊活【妊娠しやすい体づくり・卵子、卵巣の老化予防編】

妊活【排卵日検査薬の種類・使用方法・価格編】

妊活【病院の選び方・総合病院の紹介とメリット・デメリット編】