初めての出産は分からないことがいっぱい!!おむつかぶれやおしりの拭き方などおむつ替えで気を付けること

出産
スポンサーリンク

おむつ

赤ちゃんが最初に身に着けるおむつ。

とても便利なおむつですが、使い方によっては赤ちゃんの肌を傷つけてしまうことがあります。

ここではおむつかぶれとおしりの拭き方、おむつ替えで気を付けることについてご紹介していきます。

おむつかぶれ

おむつかぶれは乳児湿疹の一種です。

汗やおしっこ、うんちなどによっておむつの中が蒸れ、皮膚が傷つきやすくなることで生じます。

おむつかぶれの症状

皮膚が赤くなる

小さなつぶつぶができる

皮膚がただれる

水膨れになる

皮膚がめくれる

などの症状があります。ほとんどの場合、かゆみや痛みを伴います。

 

おむつかぶれの予防と対処法

おしっこやうんち、汗をたくさんかいたらすぐにおむつを替える

おむつが濡れたまま長時間替えずにいると、おむつの中が蒸れ皮膚がふやけバリア機能が低下します。そのためおしっこやうんちの刺激や摩擦による刺激を受けやすくなります。

 

おしり拭きでやさしくしっかり汚れを拭く

おしっこやうんちはアルカリ性になります。アルカリ性は皮膚への刺激が強く、おしっこやうんちがちゃんと拭きとれていないと、皮膚の炎症を起こしやすくなります。

この時、おしりを擦るように拭いてしまうと、摩擦により肌が傷付くことでおむつかぶれの原因になることがあります。拭く時はやさしくなでるようにしてください。

 

おしりをぬるま湯で洗う

緩いうんちや水っぽいうんちの場合、おしり拭きできれいに拭きとりにくいためおむつかぶれの原因になります。この場合は、おしりをぬるま湯で洗ってあげると肌に負担が少なくおむつかぶれを防ぐことができます。この時水分が残らないように、やさしくしっかりタオルドライしてください。

あかちゃんをお風呂に連れて行くのは大変という方は、市販のシャワーボトルがおすすめです↓↓↓

 

おしり拭きの素材や成分に気を付ける

おしり拭きの素材や成分が赤ちゃんの肌に合わないケースがあります。おしりふきには水を使っているタイプやローションが入っているタイプなどがあり、敏感肌やアレルギー体質、アトピー肌の赤ちゃんは特に注意が必要です。また、おしりかぶれがある場合は、おしり拭きを使用せずぬるま湯で流すのがおすすめです。

 

おむつを外す時間を作る

おむつをつけっぱなしにしていると蒸れやすくなります。おむつかぶれが出来ている時はおむつをつけっぱなしにしていると治りにくい場合があるので、少しの間だけでもおむつを外し、おしりを乾燥させる時間を作るといいそうです。

 

おむつの種類を替える

おむつの種類を替えることでおむつかぶれが治ることがあります。おむつが肌に合っていなくおむつかぶれを起こしているケースも考えられますので、一度おむつの種類を変えてみましょう。

 

 

Kiki'
Kiki’

Kiki’の場合・・・

普段ローション入りの厚手のおしり拭きを使用していて、おしっこではかぶれたことはありませんが、ゆるい水っぽいうんちの時に、少しおしりがピンクや赤色になってしまったことがありました。

かぶれたおしりにローション入りを使うのには抵抗があったので、ぬるま湯で洗い流すようにしたらすぐにかぶれが良くなりました。

かぶれた個所にプロペトなどの赤ちゃんでも使用できる皮膚を保護するクリームを塗ると更に治りが早くなったかもしれません。

 

 

おしりの拭き方

汚れの少ない所から多い所へ向かって拭く

汚れの多い(ひどい)所から拭いてしまうと、汚れが広がってしまうことがありますので、汚れが広がらないように、汚れの少ない所から多い所に向かって拭くのがポイントになります。

 

こすらず優しく拭く

赤ちゃんの肌はとても敏感なので、擦ってしまうと肌が傷ついてしまう可能性があります。やさしくなでるように拭くのがポイントになります。

 

前から後ろに向かって拭く

女の子

女の子は特に尿道や膣に菌が入らないように必ず前から後ろに向かって拭くようにしてください。

男の子

睾丸の周りに拭き残しがないように、下痢でおちんちんまで汚れてしまっている場合は、おちんちんの内側に汚れが残っていると尿道に菌が入ってしまう可能性があります。拭き残しがないように気を付けてください。

 

おしっこの時もおしり拭きを使う

おしっこの時もおしっこが触れている箇所を拭いてあげます。

拭き残しがあるとおむつかぶれの原因になることがあるので、やさしく拭き残しがないように拭いてあげてください。

 

 

Kiki'
Kiki’

Kiki’の場合・・・

新生児の頃はうんちが柔らかく、女の子の場合割れ目まで汚れてしまっていることが多かったです。菌が入ってしまわないか心配になり、やさしく丁寧に拭いていました。男の子の場合も、睾丸の周りまで汚れるので、やさしく丁寧に拭いていました。

Kiki’はおしっこの時はそのまま拭かずにおむつを交換していました。紙おむつだったので、おしっこした後もさらさらしていて特にかぶれることはありませんでしたが、うんちおしっこ問わず拭いてあげた方が衛生的にはいいと思います。

おしりがかぶれてしまったらおむつ替えのたびに毎回洗ってあげるのが一番ですが、それでもなかなか良くならない場合は放置せず小児科又は皮膚科を受診するようにしてください。