妊娠中って医療保険に加入できるの?妊娠中の医療保険について

保険
スポンサーリンク

妊娠中の医療保険

まだ医療保険に加入していない方で妊娠が分かった場合、万が一に備えて医療保険をご検討される方もいると思います。

妊娠中でも医療保険に加入できるのか?加入後、妊娠に関連する事項で保障が受けられるのか?

ここでは妊娠中の医療保険についてご紹介していきます。

 

妊娠中の医療保険加入について

妊娠中でも医療保険の加入は可能です。

但し、妊娠中の医療保険への加入には加入条件や給付制限があります。

 

ほとんどの医療保険では、妊娠27週までであれば加入できますが、妊娠に関する疾患(帝王切開や切迫早産など)については給付の対象外となってしまいます。

 

妊娠中に持病が見つかると、その後の新規加入は難しくなりますので、ご検討されている方はできるだけ早い段階での加入をおすすめします。

 

妊娠中の医療保険加入で妊娠に関連する事項でも一部給付金が受け取れる医療保険

ほとんどの医療保険は妊娠中の加入は可能でも、妊娠に関わる保障は対象外となることが多いのですが、下記の保険は妊娠中の加入でも、妊娠に関わる事項の一部保障が受けられます。

 

加入条件や給付条件がありますので、内容をしっかりとご確認の上ご加入ください。

 

エクセルエイドの普通保険(エクセルエイド少額短期保険株式会社)

受け取れる給付金 入院給付金・手術給付金

 

詳しくはホームページをご確認ください

公式URL https://www.excelaid.co.jp/ninshin/

 

たすけあい 女性コース(コープ共済)

受け取れる給付金 入院共済金・助成特定病気入院共済金・手術共済金

 

詳しくはホームページをご確認ください

公式URL http://coopkyosai.coop/thinking/lineup/tasukeai/kanyuu/kenkou.html

 

ずっと節約ABCおかあさん保険(ABC少額短期保険)

受け取れる給付金 手術給付金・死亡保険金

 

詳しくはホームページをご確認ください

公式URL https://www.abc-hoken.co.jp/mother/maternity.html

 

医療保険加入のおすすめ

妊娠前の加入がおすすめです。

 

妊娠中や出産時には、切迫流産帝王切開妊娠高血圧症候群妊娠糖尿病などのトラブルが起こる場合があります。

その際に医療保険に加入していると、そのトラブルが給付対象の場合に医療保険が適用され給付金が受け取れます。

入院や手術が必要な場合、健康保険や高額医療制度(共に健康保険の対象内のみ)を利用できますが、管理入院などで数か月に渡り入院しなければいけなくなってしまうと、高額医療制度を利用しても月々約8~16万円(収入によって高額医療費の設定金額が変わります)掛かります。

その場合医療保険に入っていると、健康保険でカバーできない分を補ってくれるので安心です。

現在では5人に1人が帝王切開になっていると言われています。

帝王切開後の医療保険加入には加入条件が付く場合があるので、医療保険に加入しようと思っている方は妊娠前の加入がおすすめです。

 

妊娠前に医療保険に加入するなら

楽天レディ(楽天生命)

お手頃な保険料で女性特有の病気に備えます。

女性特有の病気で入院した場合、入院日数にかかわらず保険金が支払われます。

女性疾病支援給付金の支払い対象となる女性疾病

妊娠・分娩の合併症、流産

帝王切開

関節リュウマチ

子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫

乳がん、子宮がん、卵巣がん(上皮内新生物含む)

乳房・子宮・卵巣の良性新生物

 

入院日数に関わらず一時金が支払われます

 

詳しくは公式ホームページでご確認ください 

公式URL https://www.rakuten-life.co.jp/medical/plus_lady/

 

新じぶんへの保険レディース(ライフネット生命)

女性特有の病気による入院に手厚い女性専用の医療保険です。

女性入院給付金内容

がん(乳房・子宮などの悪性新生物)

上皮内新生物(乳房・子宮などの上皮内新生物)

乳房及び女性性器疾病(乳房・子宮・卵巣の良性新生物、子宮内膜症など)

妊娠、分娩及び産褥の合併症(異常分娩、子宮外妊娠など)

 

詳しくは公式ホームページでご確認ください 

公式URL https://www.lifenet-seimei.co.jp/product/medicalwomen/

 

新CURE Lady キュアレ・レディ(オリックス生命)

女性特有の病気と全てのがんに手厚い保険になっています。

給付金内容

女性特有の病気・がんで入院(約款所定の女性特有の病気・すべてのがん(悪性新生物・上皮内新生物)

病気・けがでの入院(約款所定の女性特有の病気・すべてのがん以外の病気やケガで入院したとき)

手術(約款所定の手術)

先進医療

 

詳しくは公式ホームページでご確認ください 

公式URL https://www.orixlife.co.jp/medical/n_cure_lady/

 

などがおすすめです。

保険会社によってプラン内容が違うので、自分にあった保険プランを見つけてください。

ご自身で探すのが大変という方は、保険を紹介してくれる窓口へご相談されると良いと思います。

 

保健の相談窓口

保険市場や保険の窓口、保険見直し本舗などがあります。

自宅や近隣まで来てくれて相談できます。店舗がある場合は店舗での相談も可能です。

 

詳しくは各社ホームページでご確認ください

保険市場公式URL https://www.hokende.com/

 

保険の窓口公式URL https://www.hokennomadoguchi.com/

 

保険見直し本舗公式URL https://www.hokepon.com/

 

医療保険の補償内容の確認

正常な妊娠・出産の場合は医療保険の給付対象外になります。

保険プランによって保障内容が変わりますので、カバーして欲しい内容が補償されるのかどうかを確認することが大事です。

 

妊娠前に加入するのであれば、妊娠中のトラブルをカバーできるプランがありますので、妊娠中のトラブルが保障対象となっているプランでのご検討をおすすめします。

 

出産の公的保証

出産の公的保証には出産育児一時金出産手当金(産休中の方のみ)が受け取れます。

 

出産育児一時金

1児につき約42万円が支給されます。

(妊娠22週未満での出産や参加医療保障制度に未加入の医療機関の場合は、1児につき約40万円が支給されます)

 

出産手当金

産休で会社を休み給与が支給されない期間(産前42日・産後56日の範囲内)で出産手当金(給与の約2/3)が支給されます。

 

医療保険の加入は必要か?

医療保険は自動車の任意保険同様あくまでも備えなので、何もなければ利用することはありません。

加入したのに給付金が下りないということがないように、しっかり補償内容を確認してから医療保険へご加入ください。

 

妊娠中の治療や手術を伴う出産の場合は、健康保険と高額医療制度の利用が可能なので、必ずしも医療保険に加入した方がいいとは一概には言えません。ご自身でしっかりとご検討され、判断されることをおすすめします。

 

 

Kiki'
Kiki’

Kiki’の場合・・・

医療保険については、仕事を始めた頃から加入を検討していましたが、ずるずると加入せず過ごしていました。

妊娠を機に、加入した方がいいのかどうかいろいろな保険プランを検討しましたが、今妊娠中に何かあった時に給付金がもらえるタイプが見つけられず、結局加入には至りませんでした。

結果、緊急帝王切開にはなりましたが、出産育児一時金がもらえたので、Kiki’の場合は自己負担額が発生しませんでした。

医療保険に加入していれば、さらに給付金がもらえたと思いますが、支払う保険料を考えると微妙なところです・・・。

 

 

保険 妊娠
スポンサーリンク
Kiki'をフォローする
マリラ ~Married Life~