生理が不順になってきた…これって更年期?更年期の症状と障害について

更年期
スポンサーリンク

更年期

女性は年齢を重ねていくと体に不調が現れてきます。
ホルモンの乱れにより、今まで感じなかった不調に悩まされたり、これって更年期なのかな?と思うことが多くなっていきます。
ここでは更年期とその症状や障害についてご紹介していきます。

 

更年期とは

閉経前後5年間の期間を更年期といいます。

閉経の年齢は個人差があり、多くの人は50歳前後で閉経すると言われています。
生理が始まった年齢によって閉経の時期も異なり、早く始まった人は閉経が早く逆に生理が遅く始まった人は閉経が遅いと言われています。
50歳で閉経した場合、45歳から55歳までを更年期といいます。

 

Kiki'
Kiki’

自分の閉経を知るには、母親が閉経した年齢を参考にすると良いといいそうです。Kiki’の母が閉経したのが52歳の頃だったので、Kiki’も52歳前後に閉経するのかなと思っています。
52歳だとすると、47歳から57歳までが更年期ということになります。

 

更年期症状と更年期障害とは

更年期症状・・・日常生活に支障がない軽い症状の場合

更年期障害・・・日常生活に支障が出る重い症状の場合

更年期に入ると卵巣の機能が低下し、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少していきます。女性ホルモンの分泌が減少するとホルモンのバランスが崩れ、月経周期の乱れや心身に様々な不調が現れます。更年期の症状には個人差があり、軽い人もいれば重い人もいます。

 

主な更年期の症状と障害

症状

稀発月経、機能性出血、自律神経失調症による顔のほてり(ホットフラッシュ)、のぼせ、異常発汗、軽いめまいなど

障害

めまい、倦怠感、不眠、不安、憂鬱、記銘力低下など

記名力低下とは、新しく言葉や物事を覚えられないことをいいます。

 

更年期の始まり

更年期の始まりのほとんどは月経異常です。

更年期に入るとホルモンのバランスが乱れ、通常25~38日間隔で来ていた生理が39日以上で3か月未満になってしまう稀発月経や子宮に異常がない状態で月経と異なる出血がある機能性出血(不正性器出血)が起こります。

稀発月経の原因には更年期以外に、急激なダイエットやストレスによるホルモンのバランスの乱れの他、子宮や卵巣、甲状腺の病気によるケースもあります。
3か月生理が来ない場合はすぐに婦人科へ受診してください。

 

Kiki'
Kiki’

47歳くらいから更年期なのかなと予想をしていのですが、今まで通常の周期(25~30日)で生理が来ていたのが、44歳になって生理不順が起きはじめました。
生理不順が起きてからの周期は18~50日で、月に2回生理が来たり2か月生理が来なかったりしました。
2か月生理が来ない状態になった時に、婦人科へ行きました。
医師からはまだ若いので更年期に入る前の段階で若干乱れが生じたのかもしれないが、今の段階では更年期という段階ではないのでホルモン剤で治療する必要はないとのことでした。様子をみてもし3か月生理が来ないことがあったら、また受診してくださいとのことでした。

 

Kiki'
Kiki’

47歳の時に生理が来ない月が続き、半年経った頃に再度婦人科を受診しました。

内膜が厚くなっていないのでしばらく生理は来ないだろうということと50歳前後で閉経が一般的だけど47歳ならそこまで早くもないので、このまま閉経に至るかもしれないし、数か月後に生理が来る可能性もあるとのことでした。

更年期症状がある話をしたのですが、日常生活を脅かすような更年期障害だったら治療が必要だけど、そうじゃないならその内からだが慣れてくるから様子見で大丈夫とのことでした。

閉経が早いと骨粗しょう症のリスクが高まると前回聞いたので、そのことについても聞いたのですが、日光に浴びたりサプリメントなどで補っていけば大丈夫とのことでした。心配なら骨密度検査をして、数値によって治療が必要なら治療しましょうという感じだったので、47歳で閉経は普通よりちょっと早いけど大丈夫な範囲内の様でした。

 

Kiki’が生理不順になり始めたころの生理周期

 

年齢 生理周期
44歳0か月 28日
44歳1か月 30日
44歳2か月 25日
44歳3か月 29日
44歳4か月 21日・22日(月初めと終わりに2回)
44歳5か月 24日
44歳6か月 18日
44歳7か月 41日
44歳8か月
44歳9か月 50日
44歳10か月 37日・18日
44歳11か月 30日
45歳0か月 29日
Kiki'
Kiki’

ずっと順調に来ていた生理が、44歳になってから18日から50日と周期が乱れ、月に2回来る月もあれば、2か月来ない月もありました。

 

Kiki’が生理不順になって出てきた症状

・・・生理前になると寝汗が酷くなり、体だけではなく顔にもたくさん汗をかいていることが多かったです。

不眠・・・産後も寝れない日々が続いてちょこちょこ起きる癖がなかなか抜けなく不眠気味ではあったのですが、この頃から特に夜中起きる回数や、一度起きてしまうとそのまま眠れなくなってしまうことが増えました。

 

Kiki'
Kiki’

以前から生理前症候群として眠気やイラつき、乳房の張りがたまにあったのですが、症状は軽く酷いタイプではありませんでした。
ただ、生理不順が起きてからは、生理前になると寝ているときだけ顔や体に汗をたくさんかきくようになりました。不眠は通年でよく眠れなくなりました。

生理前症候群(PMS)とは
月経前に起こるイライラや情緒不安定、乳房の張り、むくみ、体重増加、頭痛、腰痛、めまいなどの精神的・身体的症状のことをいいます。

 

Kiki’が試したこと

エクオール摂取

女性ホルモンの減少に大豆イソフラボンが良いと聞いていましたが、2人に1人は大豆イソフラボンを摂取しても腸の中でエクオールに変換できない人がいると知り、以前から大豆製品は毎日の様に摂取していたので、もしかしたらエクオールに変換できていないのかなと思いエクオールを摂取することにしました。
サプリメントなので、すぐに効果があったわけではありませんが、3か月位した頃から寝汗をかかなくなりました。
サプリの効果によるものなのかは分かりませんが、寝汗をかかなくなったのでずっと飲み続けています。ただ、Kiki’の場合、生理周期や不眠に関してはあまり変化がありませんでした。

 

エクオールとは
エストロゲン(卵胞ホルモン:卵巣で分泌され女性らしい体づくりを助けるホルモン)とよく似た働きをする成分

 

エクオールサプリの紹介

エクオールのサプリメントは様々なメーカーから販売されています。メーカーにより含有量の違いやプラスαの成分が配合されています。

 

Kiki'
Kiki’

いろいろなメーカーからエクオールが出ているので、どのエクオールがいいのか迷いましたが、更年期障害のサプリとして命の母を昔からCMで見ていたこともあり、小林製薬の「命の母 発酵大豆イソフラボン エクオール」を飲むことにしました。ドラッグストアやいろいろなサイトで購入ができますが、Amazonの定期便が一番安いと思います。

エクオール検査

日本人の2人に1人が大豆イソフラボンをエクオールに変換できません。
エクオールのサプリメントは大豆イソフラボンのサプリメントよりも価格が高いので、自分の体が大豆イソフラボンをエクオールに変換できるのか一度確認してみるのもいいと思います。

エクオール検査キット

エクオール検査は病院で検査することもできますが、検査キッドが販売されているので自宅で手軽に検査することができます。

「エクオール検査キット ソイチェック」

検査方法 尿検査

検査の流れ 検査キッドの購入→インターネットにて会員登録し、検査依頼書の入力→採尿して返信用封筒を投函→1週間程で登録したメールアドレスに結果が届く

検査依頼は検査依頼用紙を郵送して依頼することもできます。その場合は結果が返送されるまで2週間程度かかります。

 

Kiki'
Kiki’

更年期はホルモンのバランスが乱れるのでいろいろな不調が出てきます。病院に行くのはちょっと抵抗が・・・という方は、まずサプリメントがおすすめです。

ホルモンのバランスを整えるだけで、気持ちも体も少しは楽になります。

更年期
スポンサーリンク
Kiki'をフォローする
マリラ ~Married Life~